看護師求人 訪問看護の役割と仕事の内容とは?

 
一般的に訪問看護師になるには、病棟経験が3年から5年以上は必要だと言われています。

 

なぜなら病院やクリニックで働いている場合、そこには医師や頼りになる看護師長や先輩などが助けてくれたり・アドバイスしてくれます。しかし訪問看護の場合は、基本的に1名で家庭を訪問する流れとなっていますので、それなりの知識や経験が必要になってくるからです。

 

ただし、自分で全部判断する必要はなく、この看護が正しいのか間違ってるのか迷った時は、電話などで聞くこともできます。

 

また、訪問看護師になりたいけど不安な方もいるでしょう。

 

もちろん初めのころは研修もありますし、マンツーマンで先輩に同行してもらえますので、仕事の内容を確認することができます。

 

訪問看護の1日の流れとしては、決まった曜日に担当している家庭に訪問するのが一般的です。初めて訪問する際は、どんな患者さんなのか、どのような家庭なのか気になるかもしれませんね。しかし病院で多くの患者さんを診てきたと思いますので問題ないでしょう。

 

そしてご家族から容態や健康状態をヒアリングして、ケアマネジャーが作ったプランに沿った看護計画に基づいて業務を行います。これだけ見ると簡単なようですが、容態が悪化している患者さんもいたり、医師と家族の間で板挟みになることもありますので、結構大変なところもあります。

 

こうして何度も訪問するうちに信頼関係ができてきますので、もっとこうしたという欲求がわいてくるのですが、介護保険制度の規定などがあり、制限されてしまう部分もあります。

 

また病院では病気を治すことに専念したり、看病するお仕事が中心でしたが、訪問看護は患者さんの生活や家庭の状況まで把握する必要があります。

 

このように訪問看護は必要とされていますが、1人で周れる家庭の数は限られてしまいます。つまり圧倒的に看護師の人手不足という状況ですので、今後も看護師が求められることは間違いありません。

 

訪問看護の看護師求人情報(※非公開求人もありますし、専門のコンサルタントも転職に成功できるようアドバイスしてくれます)⇒看護師転職サイト ランキング

 

看護師求人 訪問看護をやろうと思ったきっかけは?

 

看護師として働いているうちに訪問看護師になりたいと思う人もいれば、夫の転勤や育児などの都合で一旦看護師を辞めて、復職先として訪問看護ステーションに勤める人も少なくないようです。

 

ただし看護学校においては、まだまだ訪問看護の知名度は低いような気がします。

 

ここでまず看護師として働いでいるうちに訪問看護をしたくなる理由ですが、やはり年配の方というのは、病院よりもご自宅で看病を受けたいという人も少なくないようです。

 

入院しなくていい程度まで病状が回復すると、今までお世話になった看護師さんにお礼を述べるとともに、「自宅に看護師さんが来てくれるので退院できる」と嬉しそうに言って退院していく患者も少なくないようです。

 

また一般的には、高齢化社会で入院する患者の数も年々増えていますので、病院側にとっても早く退院させることが課題となっています。

 

ちなみに訪問看護ステーションで働くことで、あるていどは勤務体制を柔軟に組めるところもありますので看護師さんには人気のようです。

看護師求人 訪問看護の役割と仕事の内容とは?

一方で一旦看護職を離れて、また病院などに就職することになると、夜勤などもあって勤務時間も不規則になってしまいます。しかも病院などでは覚えることもいっぱいありますし、人間関係も大変になります。

 

そのような理由で個人経営のクリニックや訪問看護で職を探す人も多いわけですが、個人クリニックの場合はそこの医師が絶対的な存在になりますので、確かに日勤勤務になるのですが、訪問看護を希望する人も増えているようです。

 

ここまで見てきますと、看護師さんは人間関係やライフスタイルを主とした理由から転職先を訪問看護にしようと考える人が多い状況です。